» 2014 » 10月のブログ記事

給料日前でお金がない時の助け舟として使えるキャッシングやカードローンですが、基本的に使用用途自由な所がポイントですね。

事業の経営のための使用だけは禁止されている場合がありますので、
事業の資金とする際にはビジネス向けの金融商品を選びましょう。

そもそも事業経営のためのキャッシングとなると多額になりますので、最初は低額融資しか行なってもらえないフリーのキャッシングサービスにおいては経営資金となるだけのお金を借り入れする事は不可能となります。

使用用途自由、フリーと記載されている金融商品は
個人のためならば何に利用をしても誰も文句を言いません。
だから給料日まで金欠状態であっても借りる事ができるわけですね。

しかし、キャッシング契約時に使用用途を記す欄が大抵は用意されていますが、そこに競馬、パチンコ、賭け事のためとギャンブル関連の使用用途を書いたり、他社の借り入れを返済する資金が欲しいため、と書いてしまうと審査に落とされてしまう事があるために気をつけましょう。

ギャンブルのためによる借り入れは、契約者がギャンブルで失敗をして返済不能になる恐れがあり、他社への返済の目的による借り入れは、既に多重債務者である契約者が他社への返済を優先し、返済してくれなくなる恐れ、自己破産などの恐れがあるために貸し付けし辛いのです。

また、金欠状態で生活費の為・・・と書くのも避けましょう。以下のサイトがとても参考になります。まさに給料日前で金欠状態の方の事を書いてます。
給料日前で金欠・ピンチ[給料日前にお金がない時の賢いキャッシング方法]

キャッシング会社が快くお金を貸してくれる使用用途は、
旅行や買い物といった余裕を伺う事ができる用途です。

最初は旅行に行きたいがために借り入れをしても、お金を借りた後で気が変わったから、と
パソコンの購入費などに充ててもキャッシング会社は関知できませんし違法でも有りません。

他人との交際費のため、生活費のため、ブランド物の購入のため、家賃の支払いのため、結婚資金とするため、資格の取得のためなどなど夢が膨らむ遣い方ができます。