ハンドクリームって冬には絶対に欠かせないものですよね。
私もハンドクリームがいつも手放せないのですが、ハンドクリームのメリットってどのようなものなのでしょうか?

保湿による乾燥肌対策

ハンドクリームを使う一番の目的は保湿です。乾燥した肌は免疫が弱くなり荒れの原因になったり、代謝が低下してくすみの原因になったりしてしまいます。
特に乾燥肌の方は日々こういったリスクにさらされていますので日常的なケアが必要になります。

ハンドクリームは成分のほとんどが保湿成分でできていますし、手軽に使え持ち運びもできるので優秀なケアコスメと言えます。

できるなら常にカバンに入れておき、乾燥する前にケアを心がけましょう。

あかぎれの防止

特に乾燥がひどくなると人によってはあかぎれを起こして痛みを伴います。
ハンドクリームはこのあかぎれを防止したり、改善する効果もあります。

美容成分による美肌効果

ハンドクリームの種類によっては美容液が混ざっているものもあり、スキンケアをしながら美肌を作っていくこともできます。

アルガンオイルなどの天然オイル
ヒアルロン酸やコラーゲン
セラミド
シアバター
などが代表的でよく使われている美容成分です。
こういった美容成分を毎日毎日手に塗りこんでいくことで肌の透明感は増し、コンディションが良くなりキレイになっていきます。

オールインワンゲルってそれだけでスキンケアができてしまうという優れものですが、やはりキレイになるためには、こういうアイテムって必須ですよね。
しかし、下地にも使うことができるのでしょうか?

化粧下地は、ファンデーションなどその後に肌に付けるものの化粧ノリを良くするため、持続力を保つため、化粧を崩れにくくするためなどに使われています。
オールインワンゲルの持つ下地効果は、通常の化粧下地が持つようなコーディングを行う、というものとは少し違います。

オールインワンゲルの持つ、肌を整える効果を利用して化粧下地として使用しています。
肌の状態を調え、毛穴などを隠してくれ、スキンケア効果の高い美容液などが配合されているため、結果的に化粧下地としての効果も発揮してくれるということになります。

ですから、化粧下地は肌が弱いから使うと荒れるという人は、こういったオールインワンゲルで美容効果を得ながら下地効果を発揮させると良いかもしれませんね。

メリットとしては、まずは、なんといっても1つで化粧水、乳液、美容液などの様々な基礎化粧品が一つになっているので忙しい人にとっては、お手入れの手間をはぶくことが出来ます。
全てを揃えると結構な金額になりますが、オールインワンゲルなら費用を抑えることも可能です。

今人気のオイルシャンプーですが、本当にオイルシャンプーって良いものなのでしょうか?
こちらでダイアンボタニカルシャンプーについて紹介したいと思います。
やはり、オイルシャンプーにはメリットもデメリットもありそうですよね。

ダイアンは結構香りが強いというのが口コミで多く見られます。
ジャスミン系にフルーティーな甘さが加わったような香りです。
香り自体は悪くはないと思うんですが、とくに洗っているときがかなり香ります。

成分ですが、特に水の次に来ている成分は、水の次に多く含まれている成分ですから見てみてくださいね。
シャンプーなら基本的には洗浄成分がきます。
それがどんな洗浄成分なのかな、というところはチェックするくせをつけておくといいですよ。
自分に合っているシャンプーの種類を探すヒントになります。

モイストダイアンのボタニカルシャンプーはどうかというと、

泡立ちをよくする成分がたくさん!

スルホコハク酸(C12-14)Na
ラウラミドDEA
コカミドDEA
ココイルグルタミン酸TEA

いずれも、泡立ちがそもそも良いものであったり、泡立ちをよくするものや、安定させる役目がある成分です。

メインの洗浄成分をみても、アミノ酸系ほどではありませんが硫酸系よりは低刺激な成分なので、安心です。

置き換えダイエットを試みたことがある方も多いと思います。
しかし、なかなか成功しなかったり、しんどい思いをした事がある方も多いのではないでしょうか?
こちらではおすすめの置き換えダイエット食材について紹介します。

腹持ちが良く安くて効果が高かったのは「木綿豆腐」と「おから」です。
木綿豆腐を1丁食べるだけで、お腹は膨れますし、腹持ちも抜群です。
そしておからですが「卯の花」とも呼ばれる食材ですが、これも水などの水分と摂取すると腹持ち効果が高かったです。
できるだけ糖質の少ない味付けにするのがベストです。
おからだと色んなレシピ本が出ていますので、参考にしてバリエーションを増やしていけば、そこそこ継続できます。

卵の白身
ゆでたまごにして、黄身を食べずに、白身のみを食べます。
味は塩で食べますが、1週間食べて飽きてしまい断念。短期ダイエットならおすすめの食材です。

ささみ
ささみをゆでで、塩をつけて食べます。
モサモサとした食感なので、苦手な人もいるかもしれません。
低カロリーで高たんぱくな食材。ゆで卵よりかは続きました。

バナナ
一時、バナナダイエットが一世風靡して店頭からバナナが消えることがありましたが、今は安定的にありますね。
バナナを2本食べるだけで、お腹は相当膨らみますし、腹持ちも悪くありません。
ただ糖質が多いので、これから置き換えダイエットをされる方にはおすすめいたしません。

プラセンタをイオン導入する際、どういった効果があるのか気になりますよね。
そこで、こちらではプラセンタをイオン導入する際の効果について紹介します。
どんな効果があるのでしょうか?

イオン導入を行うのに適している美容成分は、「ビタミンC誘導体」と「プラセンタエキス」などがあります。ここでは、プラセンタのイオン導入に焦点を当てて解説します。

イオン導入とは、専用のイオン導入器を使って肌に微弱な電流を流し、化粧品の成分を肌の奥へ浸透させる美容法です。
化粧品に含まれるプラセンタの成分は粒子が細かいためお肌への浸透率も高いのですが、その効果が期待できるのは表皮まで。
さらに奥まで成分を到達させたいときに、イオン導入を行います。

表皮の下にある真皮はお肌のハリや弾力をキープする働きがあり、線維芽細胞と、この細胞から生み出されたコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸によって構成されています。ところが、加齢とともに線維芽細胞が減少したり、その働きが衰えたりすることでコラーゲンなども減り、シワやたるみの原因になります。

プラセンタには、この線維芽細胞を増殖させるFGF(線維芽細胞増殖因子)や、表皮にある細胞を増殖させるEGF(上皮細胞増殖因子)といった成長因子が含まれています。

イオン導入によって表皮の基底層に浸透したEGFの働きでターンオーバー(お肌の新陳代謝)が整い、小ジワやシミなどの改善を促します。
さらに、FGFの働きによりシワやたるみの解消も目指します。